Menu

生麦中学校前期中間試験を振り返る(3年生英語)

看板前のあじさいがいまきれいに咲いています。庭には多くの花があって季節ごとにいろいろな彩りを見せてくれますので、教室の出入りのときに目をやってみてください。

ノウゼンカズラ2011

さて、セラビの生徒さんも多く通う生麦中学校では先週末に体育祭が開催されました。お天気が心配されましたが校庭にあふれる元気が雨雲を押しとどめてくれましたね。

ただ、この体育祭で忘れがちになってしまっているのが前期中間試験。特に生中3年生のみなさんは修学旅行もありましたから、もうずっと昔のことに感じられているかもしれません。そこで代休でできた時間でぜひ見直しをしてみましょう。

今回注目するのは中3英語です。

範囲

受動態、現在完了形(継続)、第5文型

形式

大問14問、設問数67問

配点

試験はいつもどおり100点満点で、配点は以下のようなものでした。

  • リスニング:24点
  • 読解:5点
  • 教科書内容把握:10点
  • 短文空所補充とそれに類する問題:54点
  • 整序作文:2点
  • 文法知識:5点

傾向と対策

試験は実力を問うというよりも学校の授業で身につけた知識の確認の色合いが強いものでした。特に難問があるわけではありませんでしたが、例えば『新中学問題集』や『Sirius』などでしか勉強していない場合には足をすくわれてしまったかもしれません。

文法・熟語の問題でも学校の教科書内容が直接出題されることが多かったので、教科書を中心とした学習が効果的だったと言えるでしょう。

この問題に注目!

ただし教科書中心の学習をしていた場合でも多くの生徒さんがつまづいただろう問題が大問14の文法知識を問う問題です。どんな問題だったのか見てみましょう。

14.次の文章の(   )に入る最も適する語句を選択肢から選び番号で答えなさい。同じ番号を何度使ってもかまいません。
  1. 現在完了形はhave (has)+(   )で表す。
  2. 現在完了形の疑問文を作るときは(   )を前に出す。
  3. 受動態の英文を作るときは(   )+過去分詞で表す。
  4. 不定詞の英文を作るときはto+(   )で表す。
  5. 助動詞のあとに来る語は(   )である。

(以下選択肢1~8は省略)

教科書のなかでもこれら文法用語が出てこないわけではありませんが、けっして強調されているわけではありません。ここで問われているような用語を理解して身につけるためにはそれなりの勉強が必要です。さあ、みなさんはいかがでしたでしょうか。