Menu

中学入試時事問題で要チェック! 世界自然遺産「小笠原諸島」

先月の末に小笠原諸島と平泉が世界遺産に登録されました。これは中学受験の時事問題で多く問われることになるでしょうから、きちんとチェックしておかなければなりません。

今回はそのうち小笠原諸島について関連事項を確認しておきましょう。

日本で4件目の世界自然遺産

世界遺産には自然遺産、文化遺産、複合遺産の3種類があり、日本には小笠原諸島を含めて4つの自然遺産、平泉を含めて12の文化遺産があります。複合遺産はありません。

特に自然遺産は4つしかありませんから確実に暗記しておきましょう。屋久島、白神山地、知床、そして小笠原諸島です。

小笠原諸島って都道府県でいうとどこ?

それぞれの世界遺産がある場所・都道府県名も要チェックです。屋久島があるのは鹿児島県、白神山地は青森県・秋田県、知床は北海道にあります。

白神山地が少し分かりづらいかもしれませんが、これまでの3つは場所から比較的簡単に都道府県名をあてられます。

しかし小笠原諸島はどうでしょうか。本州からはるか南に位置しているので難しいですね。伊豆半島や房総半島がありますから静岡県や千葉県に属するようにも思えるかもしれません。でも実はこの小笠原諸島、東京都に属しています

これも入試でよく問われる事柄ですが、太平洋の離島の多くは東京都です。伊豆諸島もそうですし、日本の南端である沖ノ鳥島や東端である南鳥島も東京都です

東京というとビルと道路ばかりのイメージがありますが、きれいな海に囲まれた東京もあるんですね。